新日本製薬 青汁サラダ

不足しがちなカルシウムなどがバランス良く配合されています。

野菜不足が気になる時、便利なのはコップ一杯の青汁です。新日本製薬が開発・販売をしている新感覚青汁は、20種類の国産素材をたっぷりと使った健康飲料です。

 

 

乳酸菌を約100億個配合し、お腹の中で善玉菌をサポート。緑黄色野菜の1日分のβ-カロテンを取れる青汁にしあげています。

 

 

青汁は味や香りが独特で苦手という人もいるでしょう。国産抹茶を配合し、抹茶のティストでさらっと飲める口当たりの良さが特長になっています。

 

 

そのため、青汁が苦手という人にも安心して飲める、飲みやすさが人気の秘密です。

 

 

一日の不足分のカルシウムを補給する栄養価アップの青汁です。効果的に必要な栄養素を補給したい人におすすめです。

 

 

日本人の多くが体験している野菜不足。厚生労働省が推奨する1日の野菜の目標摂取量には350g以上と言われています。

 

 

しかし実際に一日の野菜摂取量を平均してみると、266g程度にとどまり、多くの人は野菜不足状態にあることがわかります。

 

 

どんなに気を付けていても、不足しがちになる野菜。

 

 

たくさんの量の野菜を食べることは大変ですが、青汁をコップ1杯飲むことは、誰でも気軽にできることです。

 

 

家族の健康管理を任されている人は、ぜひ、家族の1日の食事に青汁を1杯プラスしてあげてください。

 

水などの飲み物に溶かして飲むだけだから面倒がありません

 

ただの青汁と違う点は、乳酸菌と酵素のWパワーで、すっきりサポートと活力サポートができる点です。

 

 

おなかの調子を整え、穀物由来の酵素をプラスすることで、毎日を若々しく健康的に過ごすサポートをしてくれます。

 

 

忙しい朝の朝ごはんに、ランチの時のドリンクとして、お風呂上りの水分補給に、さまざまなシーンで手軽に取り入れることができるというのが、青汁の素晴らしさです。

 

 

飲み方はカンタンです。1日1包から2包を目安に、100mlから150mlの水や牛乳に溶かして飲みます。

 

 

豆乳などに溶かすのもいいですね。抹茶ミルクみたいでおいしく飲めます。

 

 

製薬会社の青汁は、厳しい商品管理のもとで開発・生産されているので、安心して長く飲むことができます。